タイのペイメントゲートウェイ「Omise」がシリーズAラウンドで260万ドル調達。

 

Omise

タイを拠点にAPIを使ったオンラインペイメントゲートウェイを提供するOmiseが5月6日に260万ドルの調達を発表した。これでシリーズAラウンドになる。

今回新たな資金調達先となるのがインドネシアのベンチャーキャピタル、SMDVだ。現存の資金調達先にはEast Ventures、500TukTuk、そしてタイの最大手通信会社Trueグループと豪華な顔ぶれが並んでいる。今回の資金調達により、Omiseは東南アジア全土に積極的にサービスを拡大していく。

Omiseは最新のAPIを様々な言語でディベロッパーに提供するオンラインペイメントゲートウェイだ。マーチャントのプラットフォームに応じて、安全性が高いペイメントゲートウェイを柔軟に提供することが可能。ディベロッパーは様々な言語に対応したOmise独自のライブラリを使用することで、簡単にペイメントゲートウェイを導入することができる。
従来の方法では、銀行の口座に一定のデポジットが必要であったり、支払い完了の確認がとれるまで長い時間を要したりすることから、ディベロッパーと新規マーチャントにとってオンラインビジネスとペイメントは非常に難易度が高かった。

競合には、約1週間前に資金調達を発表したタイの2C2P、タイの大手通信会社DTACが支援するPaysbyがいるが、新規マーチャント及びディベロッパー向けに設計開発されたOmiseのシンプルな機能は類似サービスには追いつけない、とOmise COO/co-founderのHarinsut氏は述べた。

今回の資金調達により、東南アジア各国へのサービス拡大を加速させる。東南アジアはその土地によって顧客のタイプと規制が大きく異なるため、市場調査とサービスのローカライズが欠かせない。しかし、Omiseはすでに複数のローカル企業とパートナーシップを結んでおり、そういった課題点にも迅速に対応できる。今後は自社のサービスをその土地に柔軟に適応させ、スタートアップから航空会社といった幅広い規模でサービスを提供していく構えだ。

Omise CEO/co-founderの長谷川氏は東南アジアのペイメント市場を「自分たちが解決できる余地は非常に大きい」と分析する。
日本のe-コマース市場は2020年には約6000億ドルまで到達する成長市場であると予測し、その価値は大きいと話す。しかし、東南アジアはこれ以上に成長する市場があるということも同時に述べた。今回のシリーズAラウンドに導いたSMDVからの資金調達を通しインドネシアで大きな動きを見せる、と長谷川氏はこれ以上の言及は避けた。

また、今後の方向性として、Omiseのソリューションサービスは店頭での決済にも適応できる可能性があるとのことから、オフライン決済の市場にもサービスを拡大するかもしれないとも述べた。

東南アジアの決済市場に大きな変革をもたらすであろうOmiseの今後の展開が見逃せない。

【過去のインタビュー記事はこちら

Comments

comments